SDGsの最前線!明和製紙原料のドライバー求人を徹底調査!Uターン・Iターン支援で祝い金も!給与、評判など
SDGsの最前線!明和製紙原料のドライバー求人を徹底調査!Uターン・Iターン支援で祝い金も!給与、評判など
履歴書

履歴書の写真でネクタイなしは何か問題あるのか?注意点と取り方のポイント

履歴書の写真でネクタイなしは何か問題あるのか?注意点と取り方のポイント

一般的な考えでいくと、男性の場合、スーツにノーネクタイというのはクールビズ以外では考えられないことではないでしょうか。カジュアルOKの企業もありますが、スーツ着用した場合はネクタイは一般的に必須ではないでしょうか。履歴書の写真にもスーツで撮るなら、ネクタイ着用する方が無難です。

ネクタイ着用は、社会人のフォーマルスタイル

面接の服装を考えると、男性の場合、スーツでないにしても、ジャケットと白いワイシャツ、ズボン、ネクタイというスタイルは基本になります。そうなると、書類選考で見る人物の写真も、面接時と変わらないことであることが望ましいでしょう。

写真だけで人物は判断できない、判断してはいけないかもしれませんが、きちんとした服装というと、一般的にはネクタイを締めたスタイルがフォーマルな印象があるでしょう。信用がある人物かどうかを写真の第一印象で判断するには、そのようなところで判断をするしかないのです。ネクタイのあるなしで、応募をしてきた意気込みの度合いさえ判断されてしまうでしょう。

就職難の時代であればあるほど、たったそれだけのことではありますが、書類選考ですでに不採用になってしまうこともあり得るのです。ネクタイがないばかりに、マイナスイメージを持たれてしまうとすれば、こんなにもったいないことはありません。

ですから、第一選考となる書類審査に提出する履歴書の写真には、ネクタイを締めた服装がふさわしいことは事実でしょう。中途採用者がノーネクタイでの写真を撮ったら、「会社をなめている」か「とんでもない非常識者」だということで判断され、即不採用になってしまいます。

ネクタイなしでもOKのケース

一般的に履歴書写真はネクタイ着用が無難ですが、ネクタイなしでも全然問題ないケースもあります。

例えば、IT系の企業でのクリエイティブ職やエンジニアなどはネクタイなしで私服で撮影OKの場合もあります。また、現場仕事などのガテン系でもネクタイなしでも良い場合もあります。

ですが、どの会社がネクタイなしでも良いのかは分からないですので、基本的にはスーツ、ジャケットで撮影する場合はネクタイを着用する方が無難です。

見極めポイントとしては、履歴書写真が私服でOKと明確になっているケース、この場合はネクタイなしでも問題ありません。

ただ、クリエイティブ職やガテン系であっても正社員で働く場合、履歴書の写真はスーツにネクタイ着用の方が好印象です。

応募先企業がスーツなら、ネクタイはつきもの

応募先企業がスーツ着用を日常としている場合、もちろんネクタイはつきものでしょう。そうなると、よほど逸材となるような人材でない限り、ネクタイをしていないと採用にはならないはずです。

理由は自社の規律を守れるかどうかの問題だからで、中途採用者といっても入ってくる時点では新人になります。企業の方針に抵抗するような方は、仕事の効率を妨げる可能性があると判断され、始めから問題のあるような行動を取る方は、間違いなく除外されてしまうでしょう。

スーツにネクタイというと、ぜったいに着用したくないというアレルギー反応を起こす方がいるかもしれませんが、日本の企業で働こうとすれば、だいたいはスーツにネクタイです。どうしてもスーツにネクタイが嫌ならば、最初から応募しないようにする他ないでしょう。それほど、履歴書の写真からすでにネクタイ着用が求められているということになります。

ネクタイ選びで抑えておきたい注意点と取り方ポイント

服装というのはどのアイテムをとってもそうですが、TPOに合わせて着こなすということが大前提です。ネクタイ一つとってみても、たくさんの色や柄がありますから、おしゃれが楽しめて嬉しいことではありますが、場違いなネクタイを選んでしまうと、人間性さえ否定されかねない可能性があります。いかにTPOが大事なのかがわかるでしょう。

派手な配色、色柄は避ける

例えば、レッドやピンク、オレンジなど、暖色系はキレイな色ですが、配分が多いと履歴書の写真や面接にはどうでしょうということです。基本はダーク系でまとめた方が落ち着いた印象になりますから、わざわざ軽く見られそうな色を選ぶことはないでしょう。

柄についても同じことで、ゴチャゴチャとした柄やアニメ、可愛い系の柄などはふさわしくないのです。

レジメンタルストライプや小さなドットなどのオーソドックスな柄でまとめたり、いっそのこと無地にしたりすることが品位を感じさせますので、決まりがないようでいて、常識的な範囲はあるといえるでしょう。

ネクタイの選び方のポイントとしては、スーツや靴の色に合わせた色目や無地、小さな柄に抑えることが重要になります。履歴書の写真や面接には、おしゃれで目立とう精神は必要ないのです。

履歴書の写真を撮るときのネクタイの締め方

ネクタイをして履歴書の写真を撮影するときに、事前に鏡をよく見てチェックをしないと、曲がっていたり、緩んでいたりしている場合があります。

写真スタジオなどで撮ってもらう場合ならチェックしてくれる方はいますが、自撮りの際のチェックは甘くなってしまうことがあるでしょう。そこで、ネクタイのスタンダードな締め方とチェックの注意ポイントを見てみます。

プレーンノットが基本

最近の傾向としてネクタイもスーツも細身ですから、プレーンノットが主流ということもありますが。元々、ネクタイのスタンダードな締め方は、シンプルなプレーンノットが代表だということで、履歴書の写真時もこの方法がおすすめです。

ワイシャツのスタイルを選ばない結び方ですが、特にワイシャツのレギュラーカラーと相性が良く、ワイシャツの第一ボタンまで留めた上に、結び目の下のディンプル(えくぼ)がセンターにくるように締めます。

緩んで首元にすき間がないか、微妙に曲がっていないかをよく鏡で正面からチェックしましょう。プレーンノットの結び目は、キレイな円錐型でやや縦長になっていることを確認しましょう。

\ この記事をシェアしよう! /

マイベストジョブなら採用お祝い金がもらえる

TOPに戻る

カテゴリ