SDGsの最前線!明和製紙原料のドライバー求人を徹底調査!Uターン・Iターン支援で祝い金も!給与、評判など
SDGsの最前線!明和製紙原料のドライバー求人を徹底調査!Uターン・Iターン支援で祝い金も!給与、評判など
履歴書

就職・転職の履歴書写真ってスーツ以外はダメ?季節でも違う?

就職・転職の履歴書写真ってスーツ以外はダメ?季節でも違う?

街中にあるセルフの証明写真ボックスでスーツではない服装で写真を撮っている方もいます。就職・転職の履歴書写真は、スーツ以外で撮っても大丈夫なのでしょうか。それともダメなのかということについて詳しく解説します。

就職・転職用の写真は男女ともにスーツが基本

履歴書に貼る写真はスーツかそれ以外か、様々な服装の選択肢があります。しかし、会社員がスーツを着るようになった頃からの慣習ということと、スーツを着て仕事をするところが多いこと、あらたまった場、公の場ではスーツ着用が社会的なマナーであることなどから、就職、転職というビジネスの場でもマナーとしてスーツを着た写真を撮って使用するのが基本となっています。

応募者の第一印象となってしまう履歴書の写真。実際に会っていないわけですから、その写真だけが人物の容姿を知る唯一の手掛かりになります。スーツ着用で髪型もきちんとした写真から受ける印象としては「真面目そう」「誠実そう」「仕事ができそう」「落ち着いていそう」「しっかりしていそう」などが考えられます。履歴書サイズの写真でも、着ているもの、顔つき、髪型などの印象は大きいものです。

スーツは堅いと感じる人もいるかもしれませんが、それ以上に「マナーを守っている」ということで服装について減点はされにくくなります。スーツを着た写真が加点になるということではありませんが「スーツが当たり前」と考えている企業は多いので、それ以外の選択肢を選ぶことはリスクが伴います。

男性はスーツにネクタイ、白いワイシャツ、女性はスーツに白いカットソーやブラウスなど清潔感のあるインナーを着た写真が良いでしょう。

スーツ着用の写真じゃなくても良い業種・職種もある?

一部の業種、職種では履歴書の写真がスーツでなくとも選考上マイナスに働かないケースもありえます。しかし、やはりできればスーツを選ぶ方が服装でマイナスの印象を与えてしまう危険は少なくなります

スーツ以外の写真が問題なさそうなところとして、インターネット業界やクリエイターの職種が挙げられます。こういった業種、職種では私服で勤務する会社もよくあるので、履歴書の写真もスーツ以外で問題ないとされる場合があります。

また、アパレル業界では私服面接になる場合が多く、履歴書の写真も必ずしもスーツでなくとも良い可能性があります。他に、建設業で現場の仕事がメインの職種に応募する場合は、履歴書の写真でスーツ着用を求められることは多くはないかもしれません。

スーツ、ネクタイを着用しない場合でも、黒、紺色のジャケットに白あるいは淡色無地のワイシャツといった組み合わせであればスーツほどかっちりしていないながらも派手な印象もないため許容範囲とされる可能性はあります。明るい色のジャケットや濃い色のシャツは派手な印象を与えてしまいやすいので、控えておいたほうが良いでしょう。

ただ「スーツ以外の写真でも減点される可能性が低い」とは言えますが、実際に私服の写真に対してどういう選考・評価をされるのかは企業の考え方によりますので、その点を理解して何を着るかを選びましょう。

もしスーツ以外の服装で写真を撮る場合であっても清潔感がありきちんとした装いであることは必要です。

季節に関係なくスーツ着用の写真にする

最近は夏場が度を越して暑くなりますから、5月や6月になるとクールビズが企業で始まり、暑さ対策のためにスーツなし、ノーネクタイなどといった服装が奨励されています。しかし、履歴書の写真でクールビズの服装をするというのはおすすめできません。クールビズはあくまでも企業に属する従業員がそこで働く場合の話であって、履歴書の写真に季節感は関係ありません

最近では転職をしようと考えている方の中にも、クールビズの時期だからとカジュアルな服装やスーツ以外の服装で履歴書の写真撮影しても良いのではと考えている人がいるかもしれません。しかし、少なくとも正社員として応募をするなら季節を問わず履歴書の写真はスーツが基本ということはビジネス上のマナーであると心得ておきましょう。

履歴書の写真に個性のアピールは求められていない

就職、転職用の履歴書の写真はスーツで、というのはビジネス上の長年の慣習となっているところですが「スーツ以外の写真なら個性をアピールできるのでは。」と考えている人もいるかもしれません。しかしスーツ以外の服装の写真はマイナスの印象を与えるリスクもありますし、個性をアピールする箇所ではありません

「この会社の一員になりたい、働きたい」という意欲、真剣さ、誠実さ、真面目さのあらわれやビジネスマナーとしてスーツを着用している人の写真があるなか、スーツ以外の服装は確かに目立ちます。しかし、目立つからといって好印象を持ってもらえるかというとそれはまた別問題です。

Tシャツ、ポロシャツなどカジュアルな服装や派手な色使いの服装の写真を見た採用担当者には「ビジネスマナーができていない」、「ちゃんと仕事をする気があるのか」という印象を与えてしまうかもしれません。

採用担当者という立場からすると、まず基本的なビジネスマナー(履歴書の写真=スーツ)ができていることが前提で、さらにその人がどういうスキルを持っていてどういう人間性なのかを見ていきます。年配の面接担当者ではなくともスーツ以外の服装には違和感を感じることが多いでしょう。

応募者からすると「写真(外見)だけで判断して欲しくない」と思う気持ちはあるかもしれませんが、スーツ着用が当然の会社にスーツ以外の服装で応募してくる応募者は、残念ながら始めから眼中にないという判断になるリスクもあります。

応募者の多い人気企業の場合、詳細な書類選考をする前にまず写真で一定の足切り基準が設定されているところもあり、私服や茶髪が即不採用とされてしまう可能性もあります。

\ この記事をシェアしよう! /

マイベストジョブなら採用お祝い金がもらえる

TOPに戻る

カテゴリ