SDGsの最前線!明和製紙原料のドライバー求人を徹底調査!Uターン・Iターン支援で祝い金も!給与、評判など
SDGsの最前線!明和製紙原料のドライバー求人を徹底調査!Uターン・Iターン支援で祝い金も!給与、評判など
履歴書

履歴書の封筒の宛先書きに使うペンの太さ・種類は?どんなペンで書けばいい?

履歴書の封筒の宛先書きに使うペンの太さ・種類は?どんなペンで書けばいい?

履歴書を作り終えて封筒に宛名を書くとき、「どのペンを使えばいいのだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?今回は、履歴書を入れた封筒に宛名を書く際の、使用に適したペンをご紹介していきます。

黒の油性サインペンが定番

第一印象が人の好みを大きく左右するように、一番に担当者の目に触れる履歴書の宛名は、求職者の印象において重要度の高いものです。

封筒の宛名を書く際に思い当たる筆記用具の種類は多数ありますが、結論から言えば、履歴書の宛名を書く際は黒の油性サインペンが最も適しています。しっかりとした文字を書くことができて耐水性も抜群、太すぎず細すぎず、読みやすい宛名を書くには相応しい筆記用具と言えるでしょう。

宛名の他に、表面には「履歴書在中」または「応募書類在中」という文言を記載しましょう。100円ショップなどで専用のスタンプも販売していますが、手書きでも大丈夫です。

「何が封筒に入っているか」を明記することにより内容物が明確となり、採用担当者にスムーズに届いて、早く開封して貰える可能性が高くなります。スタンプではなく直筆で書く場合には、宛名と区別するために赤色のペンを使用することが一般的です。

なお、水性の場合は雨(水)で文字がにじんでしまう可能性があり、おすすめできません。

太さは「中・細」か0.5~0.7ミリ

サインペンの太さはメーカーによって異なります。太・中・細で表しているものもあれば、ミリ単位で表記されているものもあります。宛名書きする際の太さに関しては、明確な決まりはありません。自分が書きやすい太さを用意するようにしましょう。

しかし、自由でいいとはいえ限度はあります。あまりに太過ぎるものや、反対に細すぎるものを選んでしまうと担当者に悪印象を与えてしまうことも考えられます。具体的には、太すぎるペンは漢字が潰れてしまったり、細すぎるペンは弱々しく頼りない印象を与えてしまいます。

サインペンの太さを選ぶ基準としては、太・中・細のものならば中か細を、ミリ単位のものならば0.5mm~0.7mm程度が良いでしょう。「細」もOKと書きましたが、極端に細いものは読みづらい字になります。太すぎず細すぎず、丁度いいサイズのペンを用意し、あくまでも読みやすい文字を心掛けるようにしましょう。

現在、日本では多くの文房具メーカーからこの条件にあてはまるペンは発売されています。コンビニでも買えるものもありますし、文房具店などでは試し書き用のものも用意されているので、1本買っておけば様々な場面で役に立つでしょう。

書くときに選んではいけないペン4種

サインペンの他にも筆記用具は数多くあります。では、シャープペンや鉛筆などの消えやすいものは除外するとしても、ボールペンや万年筆、マジックや筆ペンではいけないのでしょうか?それぞれの理由を見ていきましょう。

まずはボールペン。封筒の宛名を書く際に使用するケースはありますが、文字が細過ぎることが欠点です。細いと弱々しく読みづらいため、重要書類である履歴書の宛名には適しません。ただし、履歴書自体を手書きで書く際には、ボールペンを使用しても問題ありません。

マジックでは太すぎて細かい文字を書くのに不適切。読みづらい上に、乱暴な印象を与えてしまいます。そもそも、一般的に封筒の宛名にマジックは使いません。大きな文字を書くには相応しいペンですが、書類関係に用いる例は少なく、種類によっては中の書類までインクが染みてしまうリスクもあります。

筆ペンは丁寧なイメージですが、履歴書の宛名という用途を考えれば不釣り合いな心象は否めません。これも常識、マナーからかなり外れているものです。

格式高い筆記用具として知られる万年筆は、耐水性の面に不安があります。雨や水などで濡れてしまった際、水性のインクを用いる万年筆では文字が滲んでしまいますから、万が一のことを考えると、使用は避けた方が賢明です。こちらもボールペンと同様に、履歴書の中身を手書きする際の使用はOKです。

まとめ

黒の油性サインペンが選ばれる理由として、現在、履歴書を入れる封筒がA4サイズが主流という背景があります。大きな封筒に見やすく書くにはボールペン等では文字が細くなり、読みづらくなってしまいますので、サインペンが適しています。

なお、履歴書を折りたたんで細いサイズの封筒で送る場合には、サインペンだと太すぎて文字が読みづらい可能性があるため、一般的な黒色の油性ボールペンが望ましいです。

以上のように、履歴書の宛名には黒の油性サインペンが適していることを解説しました。あらためて要点をまとめると以下のようになります。

  • ペンの種類は油性の黒色サインペンがおすすめ
  • 「履歴書在中」「応募書類在中」は専用のスタンプか赤色の油性サインペンを使用する
  • ペンの太さは「中・細」か「0.5mm~0.7mm」程度がベター
  • ボールペン、マジック、筆ペン、万年筆は履歴書の宛名書きには適さない

たかが宛名、されど宛名…。細かい部分まで配慮できてこそ、採用の道が開けるというものです。選ぶペンの種類ひとつで印象の善し悪しが変わってくると考えれば、間違いのない筆記用具を選びたいものです。

\ この記事をシェアしよう! /

マイベストジョブなら採用お祝い金がもらえる

TOPに戻る

カテゴリ