SDGsの最前線!明和製紙原料のドライバー求人を徹底調査!Uターン・Iターン支援で祝い金も!給与、評判など
SDGsの最前線!明和製紙原料のドライバー求人を徹底調査!Uターン・Iターン支援で祝い金も!給与、評判など
内定

内定連絡がかかってくる電話時間帯はいつ?面接からの日数は?

内定連絡がかかってくる電話時間帯はいつ?面接からの日数は?

面接が終わると、内定連絡がとても気になるものです。多くの場合で内定連絡は電話がかかってくることになりますが、今回は、面接から何日後ぐらいで何時頃にかかってくるのかということについて解説します。

時間帯は「午前中」か「(面接当日の)夜」が多い

まず、電話がかかってくる時間帯について解説します。

担当部署や連絡してくる担当者の忙しさの度合いによりますが、内定者が留守の場合も考慮して考えると、採用の場合、面接後2~3日の「午前中」には内定連絡の電話があると思っていて良いです。中途採用で電話する人数が少ない場合は、「朝一番」にかかってくることもあります。

もしくは、応募者の選考が全て終わっている場合、採用の場合には最短なら「面接当日の夜」にかかってくる場合もあります。良い人材なら他の企業に取られたくないので、採用を急いでいるからです。

選考についてきちんと仕組みを整えていて、採用に意欲的な企業なら、とにかく早めに連絡があるというのが一般的です。

内定者が現在、就業中であれば、もしかするとそれを考慮して夜の電話になるかもしれませんが、一般的には朝~昼間の時間帯に1回は連絡があることが普通です。

留守電になっていれば、それにメッセージが入っていますし、不在などで出られていない場合は1日のうちに複数回、連絡は来るのが一般的です。記録を残す意味でメールでも連絡が来る場合が多いです。

企業としても、採用したい方には何とか連絡を取ろうとしてくれますので、連絡を受ける側も気をつけていれば、普通は1日のうちでどこかの時点で着信に気が付きます。

面接後2~3日、遅くても1週間が目安

面接の結果については「早ければ2~3日、遅くても1週間ほど」という期間が一般的です。

これは企業側が選考期間に余裕を持たせるためで、候補となる応募者が複数名いた場合や、まだ面接が終わっていない応募者がいる場合は、それが完了するまで選考期間とする場合があるということです。

自分への第一報を早くするためにも、履歴書の電話番号欄は最も連絡が取りやすい番号を記載しておくことをおすすめします。実家に住んでいて家庭電話と携帯電話が両方あるような場合、両方を記載した上で、本人希望記入欄に、優先的に連絡して欲しい方の番号を記載しておくと良いですね。

面接担当者が直接電話をする場合もあれば、人事の別の担当者からの連絡がある場合もあります。担当部署の忙しさもありますから、必ずいついつになる、という日にちや時間はありませんが、応募者が複数いる場合、基本的に採用者から優先的に連絡をします

ですから、逆に言うと不採用であれば電話でも、メールでも、通知でも、なかなか連絡は来ないということで、1週間か、遅ければそれ以上かかるということもあり得ないことではありません。

すぐ出られなくても慌てる必要はない

ここまで見てきたように、内定になりそうだとすると連絡は早い傾向にあると言えます。

ただ、中途採用者の場合は、在職中の場合や生活のためにアルバイト中の場合があります。そうなると、内定電話がかかってきたとしても、その時間帯には仕事中で、電話に出られない確率のほうが大きくなります。

出られなかったらどうしようと不安になって仕事どころではないかもしれませんが、そこまで心配はしなくても大丈夫です。すぐ内定が取り消されることはほとんどありませんから、神経質になることはありません。

しかし、何日も折り返しの連絡を何もしない場合は、内定を取り消されることがあるかもしれません。採用枠が複数名あれば応募者も多いということですから、同じレベルで迷っていた方がいれば、取り消しの通知を行ってから、次の候補に内定者が移っていく可能性は十分に考えられます。

連絡のありそうな頃にスマホの電源を切っていたり、折り返しを全くしない、連絡を無視し続けていたりするような常識のない行動は、厳しい対応をされても仕方がないと言えます。

1週間以上連絡がなければ確認してOK

1週間以上たっても無連絡の場合は、こちらからかけても構いません。

面接を受けたこと、結果の連絡をどのくらい待ったかということ、結果を確認したいということを伝えることをおすすめします。

もし、まだ選考中ということでしたら、この時点でまだ待てるかどうかの判断になってきます。このまま不採用だとすれば、そのまま連絡がないような企業もないとはいえませんので、あまりに連絡がなければ諦めて、次のステップに進むほうが賢明です。

通常は、面接から早ければ2~3日、遅くても1週間ということを目安にしていれば、たとえ連絡がなくても応募者側が判断をして前進することが大切です

どこかに内定してから、もし、以前の企業から連絡があったとしても、そこには縁がなかったということだけで、自分が悪かったわけではありません。その辺はある程度、割り切っていくほうがプラスになります。

\ この記事をシェアしよう! /

マイベストジョブなら採用お祝い金がもらえる

TOPに戻る

カテゴリ