SDGsの最前線!明和製紙原料のドライバー求人を徹底調査!Uターン・Iターン支援で祝い金も!給与、評判など
SDGsの最前線!明和製紙原料のドライバー求人を徹底調査!Uターン・Iターン支援で祝い金も!給与、評判など
面接

転職活動での髪色は黒髪がベスト?染めているのはやっぱりNG?

転職活動での髪色は黒髪がベスト?染めているのはやっぱりNG?

転職活動時に、髪の色は何色であることが求められているのか、という点について解説します。髪色は黒髪がベストなのか、少しは茶髪に染めていても大丈夫なのか、既に茶髪など染めている方で、異業種の面接がある場合は特に迷ってしまうかもしれません。

マイナスの印象を与えない黒髪がベスト

面接担当者から見ると、身だしなみがきちんとしていて「真面目な印象」「きちんと仕事をしてくれそうな印象」の方はやはり選考で優位になります。髪色はどうすればよいのかというと、基本は男女共に黒髪がベストであると言えます。明るい髪色で減点される可能性はあっても「黒髪で減点される」ということはまずない、という現状があります。

もし、自分の髪色が合否に影響したのだとしたらあまりにも残念なことです。完全な自己責任になりますから、そうならないためにも、社会人として自覚を持った髪色で面接に臨むようにしましょう。

面接担当者からすると、身だしなみもチェックポイントの一つですから、髪の色は黒が当然だと考える担当者も少なくありません。茶色が100%ダメ、不採用ということではありませんが、意図的に黒色以外を選択するのはリスクがあるということは言えます。

なお、最近は人種や国籍、身体的特徴などによる先天的な髪色の問題で、元々の髪色が黒でない方も転職活動をしていますので、そういった場合はわざわざ黒に染めるということまでは求められていないところがほとんどです。

染めているのがNGかは業界による

転職活動の面接では一般的に髪色は黒が無難だということになります。面接担当者にマイナスの印象を与えないという意味で、黒色がベストということです。

服装はスーツが無難ということと同じで、面接におけるビジネスマナーであると言えます。業種によってはいわゆる「堅い業界」なら黒髪にしておくことがベストというより、マストに近くなるかもしれません。逆に、そういった業界以外であれば、面接も私服だったり、茶髪OKだったりする場合もよくあります。

「堅い業界」というのは歴史が長い会社が多く、黒髪が常識と言えるようなところ、お客様に黒髪での対応をする必要があるところです。例えば銀行、保険、証券などの金融業、ホテル、航空、鉄道、製薬、不動産関係、建築、住宅、化粧品、電気関連、病院・介護業界は堅いと言えるでしょう。

逆に歴史が短いIT関連や髪の色も仕事のセンスを表現するために重要となるアパレル、美容関連の業界であれば、面接のときに黒髪ではなくても問題ない場合があります。ただし、他の業界と同様、こちらであっても清潔感が大事ということは変わりありません。

女性はダークブラウン程度なら許容範囲の場合もある

女性の場合は面接時でも黒髪であることを求められる度合いが少し低く、ダークブラウン程度までであれば許容範囲の場合もあります。

茶色といっても色の幅がありますから、色選びに注意しないと、染めてからの色が明るくなり過ぎます。明るい茶になってしまうと派手に見えますから、自分で染めて失敗するのが心配なら、美容院などで色を相談してから染めてもらうと安心です。

女性の場合は、普段から茶色に染めている方も多いでしょう。そういう方は無理に黒く染め直さなくても、トーンダウンした茶色に調整すれば、自己主張というほどの色にはなりません。黒でない場合にも抑えた色調にすることが重要です。

髪の色に関係なく「清潔感」が重要

色の話を初めに詳しくしましたが、黒髪でもぼさぼさだったり寝ぐせがついていたりすると、身だしなみの評価でマイナスの印象を与えてしまうでしょう。また、独創的なヘアスタイルも控えておいた方が良いでしょう。

しっかりセットする、また、長い髪の場合は結ぶなど、清潔感があるようにきちんと整えることが大切です。身だしなみという観点で言えば、髪の色よりも清潔感のほうが重要です。

面接の前日あるいは当日にはきれいに髪を洗って乾かし、きちんとセットすることをおすすめします。べたつきやてかりがあると清潔感が失われてしまいますから、髪に脂質が多い人は、当日に洗髪すると良いでしょう。清潔感があるかどうかは第一印象として非常に重要です。

まとめ

面接担当者にマイナスの印象を与えないためには黒髪がベストであること、茶髪など染めることはリスクがあることをまず理解しましょう。

女性はダークブランくらいまでが許容されていたり、業界によっては茶髪でも問題ないところもありますが、どの業界にも共通して言えるのは身だしなみの観点から「清潔感」が重要であるということです。不潔であれば黒髪でも良くない印象を与えてしまう可能性があります。

以上が面接にの髪の色についても解説です。基本は黒髪にしておく、ということをふまえた上で履歴書の写真や面接の準備を行い、当日はきちんと髪をセットして清潔感のある印象を与えられるようにしておくと良いでしょう。

\ この記事をシェアしよう! /

マイベストジョブなら採用お祝い金がもらえる

TOPに戻る

カテゴリ