SDGsの最前線!明和製紙原料のドライバー求人を徹底調査!Uターン・Iターン支援で祝い金も!給与、評判など
SDGsの最前線!明和製紙原料のドライバー求人を徹底調査!Uターン・Iターン支援で祝い金も!給与、評判など
履歴書

履歴書は手書きvsパソコンどっちがいい?メリット、デメリット解説

履歴書は手書きvsパソコンどっちがいい?メリット、デメリット解説

手書きは手間が掛かるけど、パソコンだと熱意が伝わらないのでは…?履歴書を作るとき、手書きがいいのかパソコンで作った方がいいのか迷ったことはありませんか?

今回は手書きとパソコンの履歴書の、メリットとデメリットをご紹介します。

手書きが無難だが業種によってはパソコンが有利な場合も

ひと昔前はコンビニや文房具店などで履歴書を購入し、手書きで作ることが当たり前でした。しかし今日では、パソコンを使って様式をダウンロードすることができ、簡単に作ることが出来るようになっています。

「履歴書は直筆で」という固定観念は、徐々に薄くなっていると言えるでしょう。特にITやWeb関連の企業に応募する際には、スキルを図るためにパソコンで作った履歴書を推奨している企業もあります

また、特に指定がない場合でも、仕事でパソコンを活用することが多い職種の場合には、パソコンで作った履歴書が好まれることもあるようです。

指定が無い場合は今でも手書きが無難(業種による)

では、現在は手書きの履歴書が少数派なのかというと、そんなことはありません。むしろ企業からの指定が無い限りは、手書きの方が無難と言えるでしょう。パソコン履歴書の台頭が著しいことは事実ですが、手書きの履歴書を好む企業があることもまた事実です。

しかしその一方で、手書きがNGの場合もあります。たとえば、企業から「履歴書はパソコンで作成したものを送ってください」などの指示が出ている場合や、応募をWebで受け付けているケースがこれに該当します。上記の場合には、企業の指示に従ってパソコンで作成するようにしましょう。

手書きかパソコンか…。現時点ではまだ手書きの方がポピュラーと言えますが、一体どちらが良いのかといえば明確な答えはありません。

強いて言うならば、最も失敗が少ないと思われるのは、前もって手書きかパソコンか、どちらが良いかを聞いてしまうことでしょう。どちらがいいか迷っている人は、履歴書を送る前段階で、企業の採用担当者に確認を取ることをお勧めします。

手書きのメリット・デメリット

現在も多数派とされている手書きの履歴書。メリットとデメリットは以下のような項目があります。

メリット

・字がきれいな人は評価の対象となる
文字のきれいな方は、それだけで評価されることがあります。もちろん企業の担当者によりますが、美しい字を書けることがマイナス評価につながることは無いでしょう。

・誠意が伝わりやすい
直筆で書くことを良しとする企業は未だに多いようです。ことの善し悪しはさておき、手間の掛かる手書きの履歴書を作ることが、入社したいという意思の強さと捉えられることも珍しくありません。

・パソコンが苦手な人でも作れる
パソコンで履歴書を作るとなれば、高度ではないにしろワードやエクセルなどの作成ソフトに関する知識が必要となります。また、タイピングが苦手な方は手書きの方が短時間で履歴書を作ることができるかもしれません。

デメリット

・間違うと最初から書き直さなくてはいけない
原則として、履歴書の作成には修正液の使用はNG。間違ってしまった場合は、最初から書き直す必要が出てきます。序盤ならばまだいいでしょうが、「もう少しで書き終わる」というところで間違ってしまうと、大きく肩を落としてしまうでしょう。

・作成に時間がかかる
パソコンと比べると、手書きの方が制作に時間がかかります。特に履歴書は、ひと文字ひと文字をていねいに書かなければいけないので、手書きの労力は大きいと言えるでしょう。

パソコンのメリット・デメリット

手書きに比べ、パソコンの場合はどうでしょうか?下記にまとめたメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット

・文字が読みやすい
パソコンを使用すれば文字の上手・下手は関係ありません。文字の間隔や行間が均一になることも、書いた文章が読みやすくなる理由のひとつです。

・作成が短時間で済む
手書きのデメリット部分で触れたとおり、書面の作成はパソコンの方が断然早いと言えます。求職中は何かと時間がかかる作業が多いもの。時間が短縮できるに越したことはありません。

・修正が簡単
文字修正が容易なことも、パソコンで履歴書を作るメリットのひとつです。手書きで文字を間違ってしまったときに比べれば、大きく手間が省けると言えるでしょう。

・複製が容易にできる
転職活動では、複数の企業に応募することが少なくありません。手書きの場合は全てを一から書かなければいけませんが、パソコンの場合、志望動機などの必要部分を企業によって書き換えれば、大半の部分を複製して使用することができます。

デメリット

・熱意が伝わらない場合がある
履歴書を作る作業には手間が掛かりますので、その労力を惜しまずに行うことが熱意と捉えられるケースがあります。これは企業や担当者によって大きく変わります。

・手書きを推奨している企業にはNG
会社から手書きの履歴書を求められた場合には、指示に従うようにしましょう。直筆から人柄を見るなど、企業側も理由があって規則としている場合があります。

こちらも併せてどうぞ

\ この記事をシェアしよう! /

マイベストジョブなら採用お祝い金がもらえる

TOPに戻る

カテゴリ