SDGsの最前線!明和製紙原料のドライバー求人を徹底調査!Uターン・Iターン支援で祝い金も!給与、評判など
SDGsの最前線!明和製紙原料のドライバー求人を徹底調査!Uターン・Iターン支援で祝い金も!給与、評判など
履歴書

履歴書を入れる封筒の色は何色がいい?白vs茶、印象が良いのは?

履歴書を入れる封筒の色は何色がいい?白vs茶、印象が良いのは?

履歴書を入れる封筒はどんなものが良いのでしょうか?手軽に入手できるものと言えば白や茶、または水色などが思い浮かびます。選択する色によって面接官の印象が良くなったり、または悪くなったりすることはあるのでしょうか?

白色無地の封筒がおすすめ

志望する企業に履歴書を送るとき、茶色の封筒を使用するとマイナス評価の対象になるという話を聞いたことがある人もいるかもしれません。

その他にもインターネット上の人事担当者のコメントや就活生の書き込みなどを見ると、「奇抜なものでなければ何でもOK」とか、「白、茶、水色ならば可」であるとか、「白色無地じゃないと落とされるかも」などと言った意見を目にします。

さまざまな情報を統合し、失敗しない封筒を選ぶとすれば、「白色無地が無難」という結論に辿り着きます。

履歴書を送る封筒には、「履歴書在中」または「応募書類在中」といった文言を朱色で記載することが一般的です。「茶封筒でもこの記載があれば早く見つけてもらえるのでは?」という見方もあります。確かに区別するための大きな目印にはなりますが、担当者が届いた封筒の全貌を見るかどうかは分かりません。多忙な時間に机の上に郵便物が積まれていれば、ひと目見て後回しにすることでしょう。

また、茶封筒は事務的な郵便物に多く使用されることが多いため、印象面でも優れているとは言い難いでしょう。「茶色は絶対にNG」というわけではありませんが、担当者に届くことが遅れることを避けたり、茶封筒より上質でより良い印象を与えることができたりと、白色封筒の方が優れている点があるというわけです。

茶封筒は他の郵便物に紛れてしまう可能性もある

企業には多くの郵便物が届きます。その大きさも封筒もバラバラですが、届く封筒は茶色のものが多いようです。これは価格が安いために、茶封筒を利用する会社が多いからと予想できます。

特に事務的な業務で書類を郵送する場合、企業間での書面のやりとりには茶色の封筒を用いることが一般的です。

履歴書は重要書類です。茶封筒に入れての郵送で考えられるデメリットは、他の郵便物に紛れてしまうというおそれがあるということです。担当者に届かないとまではいかなくとも、開封されるタイミングが遅れてしまう可能性は十分に考えられるでしょう。

企業の担当者は、書類選考や面接対応のみを仕事にしているわけではありません。日常業務をこなしつつ、採用の仕事を並行して受け持つことが一般的です。人によっては、履歴書以外の書類が一日に何件も届く人もいるでしょう。重要度の高い仕事に携わっている場合、郵送物の処理は後回しにするという例も珍しくありません。

履歴書は送って終わりではありません。担当者が目を通して選考をし、評価が得られれば面接という流れがあります。求職者側としても、書類を送った後は早めに選考結果を知りたいというのが心情。他の書類に紛れてしまい、合否の連絡が遅くなってしまうということは避けたいものです。

白色は清潔、好印象のイメージ

茶封筒が目立たないというデメリットは上で説明した通りです。しかし、白色封筒ならばほかの郵便物に紛れてしまう可能性が無いかというと、必ずしもそうではありません。封筒が白の書類が極端に珍しいわけではないのですから。では、白が良いとされる理由はなぜでしょうか。

目立つか目立たないかというポイントに論点を絞れば、これはあくまで比較したときの問題です。「茶色よりも白色の方が目立つ」というほどのことです。また、封筒に書かれた「履歴書在中」、「応募書類在中」の文字も、白ベースの方が映えるため、白色が良いとされる理由に輪をかけているようです。

次に印象の問題についてですが、前述しましたが、茶封筒は事務用品として安価なものが多いため、しっかりした作りのものとは言い難いものが多いです。事務的なイメージは拭えず、全体的に安っぽい印象を与えてしまいがちです。

また、他の色の封筒はメーカーが様々な種類のものを発売しています。会社のイメージカラーに合うものを企業がビジネスで使う場面は多いですが、就職、転職活動での応募時には通常は使われません

白色封筒は、茶封筒と比べれば値段が少し高いものが多いですが、その分、品質が良く、作りもしっかりしているものが多いです。上品な印象に加えて、白には清潔なイメージもあります。

上記のような理由から、履歴書を入れる封筒は白が適していると言えるでしょう。

まとめ

茶封筒はビジネス事務用途が多いため、白色のほうが上品で清潔なのでそちらがおすすめです。ただ、「封筒が茶色だから不採用」とされることは、基本的にはありません

当然のことながら、重要なのは外見よりも中身。とはいえ、何を使っても良いというものではありません。マナーとしてどうかという懸念もあります。例えば奇抜な封筒を使用したり、柄の入ったものを用意したりするのは、内容物が履歴書と考えれば、TPO的にNGと言わざると得ないでしょう。細かいことにも気を配りながら行動することが、就職活動をスムーズに、かつ有利に進めるポイントです。

\ この記事をシェアしよう! /

マイベストジョブなら採用お祝い金がもらえる

TOPに戻る

カテゴリ