SDGsの最前線!明和製紙原料のドライバー求人を徹底調査!Uターン・Iターン支援で祝い金も!給与、評判など
SDGsの最前線!明和製紙原料のドライバー求人を徹底調査!Uターン・Iターン支援で祝い金も!給与、評判など
履歴書

履歴書の「健康状態」欄の書き方~「良好」のみで良い?病歴や持病がある場合は?

履歴書の「健康状態」欄の書き方~「良好」のみで良い?病歴や持病がある場合は?

履歴書には「健康状態」を記載する項目があります。よく考えてみればアバウトな表記で、「一体どこまで書けばいいのだろう」と悩んでしまう方もいるのではないでしょうか?

極めて健康的な人は特に問題ありませんが、悩ましいのは普通に仕事ができるけれど病歴や持病があり、たまに病院に通わなければいけないなどのケースです。正しい健康状態欄の書き方とは、どのようなものなのでしょうか?

業務に支障が無ければ『良好』と書く

履歴書にある「健康状態」の欄は、多くの人が『良好』と書いているようです。

結論を言ってしまえば、これまで勤めていた会社で、通常の範囲で勤務できていた場合には、「良好」と書いて差し支え無いでしょう。何を基準にしているかというと、業務に差支えがあるかどうかがポイントとなります。

具体的には、以下のような場合は『良好』と記載して問題ありません。

  • 持病があるものの定期通院はせず業務に支障がない
  • 入院・長期療養歴があるが現在完治して業務に支障がない
  • 履歴書作成時の風邪・怪我など一時的な健康不良はあるが就業時には業務に支障がない

例えば、アトピーだったり軽度の貧血症だったりしても、就業規則の範囲内で勤務ができる状態であれば、わざわざ履歴書に書く必要はありません。

よくネット上などで、目が悪い人の書き方などの質問もされているようですが、メガネやコンタクトレンズを使用することで仕事に影響が出ない視力ならば、記載する必要はありません。

この他にも、軽度の腰痛や肝臓の数値が悪い、就業に影響をおよぼさない持病などを抱えている人なども、特に記載の必要は無いでしょう。

定期検診が必要ならそのことを記載する

業務に支障が出ない範囲であれば『良好』と記載しても問題ないことは前述しました。しかしこの記載例だと、極めて良好なのか、あるいは通常業務に支障が出ない程度の状態なのかという判断が、企業側としては難しいところもあります。

転職は採用されて終わりではありません。晴れて合格し、新しい企業で働くことが決まったとしても、続かないのでは意味がありません。

「健康状態が良くないと書いてしまうと、マイナス評価を付けられてしまうかも…」という考えも一理ありますが、隠し通すことが難しいような事柄ならば、書類選考や面接の時点にきちんと申告しておいた方が良いでしょう。

記載したほうが良いのは、特定の病気を抱えている場合や、過去に病歴があるために定期検診などが必要な人です。「通常業務に支障は無いけれど、『良好』と書くのは嘘を付いていると捉えられてしまうかもしれない」といった健康状態の人の場合です。

考えられるものとしては、長期で通院中の持病を抱えている場合や、既往症の定期検診などが必要な場合。定期的な検診が必要だから仕事に支障がでないとは明言はできないものの、通常の業務をこなすには差し障り無いといった症例です。この場合には、入社後のトラブルを避けるためにも、履歴書にもその旨を記載しておいた方が良いでしょう。

定期検診が必要な場合の例

定期検診が必要な場合の書き方を記載します。

(例)
良好 通常業務には概ね支障ございませんが、〇〇の定期検査が必要なため3ヵ月に一度、通院の必要があります。

上記のように、病名、症状や通院頻度を記載しましょう。

ただし、仕事に支障が出ないとは言っても、特筆するべき病状があることで評価がプラスになるとは考えづらいと言えます。長期の勤務を希望するという前提ならば正直に記載することをおすすめしますが、その反面で、記載することで良い印象を与えることは無いということは認識しておきましょう。

あくまでも入社後のトラブル防止という側面で記載すべき事柄となります。

より印象が良い『極めて良好(〇年間無欠勤)』

前に勤めていた会社、または現在就業中の企業で欠勤歴が無い人は、「極めて良好」と記載し、無遅刻、無欠勤の実績があればそのことも記載しましょう。

(例)
極めて良好(〇年間無欠勤)

あるいは

(例)
極めて良好 体力には自信があり、前職場では無遅刻・無欠勤でした。

前述した通り、『良好』という書き方には幅がありますので、加えて「〇年間無欠勤」と記載することにより、仕事に支障が出る健康状態でないことが実績として証明され、より好印象になりやすいです。

遅刻・早退がない場合にも、もちろんそのことも併記して構いません。履歴書ではアピール欄の小さい健康状態ですが、欠勤の多寡は仕事において重要度の高い評価項目です。

健康状態によっては「体調を崩すことが多いから責任のある仕事を任せられない」ということさえあります。体調管理ができることは大きな自己PRと捉え、最大限の評価を得られる材料となるので、無遅刻、無欠勤などのアピールができる場合は記載することをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回の要点をまとめると以下のようになります。

  • 業務に支障が無い場合には『良好』と記載して問題ない
  • 定期検診や通院が必要な場合は、その旨を記した方が入社後のトラブルを避けられる
  • 病状の記載がある場合、プラスの評価につながることは考えづらい
  • 過去に欠勤や遅刻・早退歴がない場合には『極めて良好(〇年間無欠勤)』などと記載するとより好印象になりやすい

実際には通院が必要な持病があったとしても、マイナス評価につながることを恐れて自身の健康状態を偽ってしまうと、就職後の社会生活が苦痛になってしまう可能性があります。仕事と健康は、誰しもが長く付き合っていかなければいけない悩みなので、体に無理のない範囲で長く働ける、自分に合った職場探しは非常に大切です。

\ この記事をシェアしよう! /

マイベストジョブなら採用お祝い金がもらえる

TOPに戻る

カテゴリ