SDGsの最前線!明和製紙原料のドライバー求人を徹底調査!Uターン・Iターン支援で祝い金も!給与、評判など
SDGsの最前線!明和製紙原料のドライバー求人を徹底調査!Uターン・Iターン支援で祝い金も!給与、評判など
面接

私服面接ではココを見られている!服のセンスよりもシーンに合わせたマナー

私服面接ではココを見られている!服のセンスよりもシーンに合わせたマナー

面接のお知らせで服装自由という記載があったり、「面接は私服でお越しください」と指示があり「私服面接」に臨む場合、どんな点が見られているのかを解説します。

私服面接でチェックされるポイント3つ

面接は一般的に、応募先企業への出勤のつもりで、フォーマルな服装=スーツで臨むものです。私服で面接に臨むのは基本的に企業側から指示があったときや服装自由というアナウンスがあった場合です。そうした指示やアナウンスのもと、私服で来た応募者に対してどういうチェックをしているのかをまず理解しておきましょう。

TPO・ビジネスマナーをふまえているか

例えば会社に来客があった場合、目に留まる社員の服装はそのまま企業イメージにつながり、あまりにTPOや基本マナーから外れる服装の社員がいた場合、マイナスの印象を与えかねません。そのため、面接の私服=出社する服装と考えて、ポイントを押さえる必要があります。

職場の雰囲気に合うか

応募者がが職場で実際に働いているシーンをイメージしたときに、雰囲気に合っているかどうかが見られています。これに関しては、極端に違和感がない限りはほとんど気にされないでしょう。

自分に似合うものがどういう服なのかをわかっているということは、客観的に見て自分はどう見えているかがよく理解できている人、客観性のある人だと判断されます。服装が全てではないですが、ある程度似合っていると言えるかどうかは見られていると言えます。

ファッションセンスそのものは問われない

最初に説明したチェックポイントには「センスがあるかどうか」ということはありませんでした。面接担当者はファッションの専門家ではありませんし、全員がおしゃれというわけでもありません。なので、「おしゃれのセンスがあるかどうか」まではわからないということです。

逆に、ビジネスマナーをわかっているかどうか、清潔感があるかどうかや、本人の体型や顔などに似合っているかどうかはある程度判断ができますから、そういった点をチェックすることとなります。

※例外として、アパレルメーカーなどファッション関連の企業の面接では「ファッションに興味がある」ということはある程度、前提になるものなので、面接でも服装に関してセンスを図る質問がある可能性は高いです。

悪い印象を与えないための3つの注意点

服装の基本的なポイントは、フォーマルでもカジュアルでも共通しているところがあります。マイナスイメージを与えないよう、しっかりとチェックしましょう。

清潔感がある

インナーがヨレヨレだったり、パンツやスカートに目立つシワがあったりすると、全体の雰囲気が良くてもイメージは悪くなります。新品にする必要はありませんが、ヨレ、シワ、汚れなどは、外から見えにくい部分まで細かく確認しましょう。髪型や化粧、髭、爪など、目に留まりやすいパーツも気を抜かないようにしましょう。

サイズがあっている

微妙に丈の長いパンツや短い袖のインナーなど、服や小物のサイズが合っていないと違和感があり、場合によっては非常にだらしなく見えます。ぶかぶかでもタイトすぎても印象は良くありませんので、清潔感と同様に、サイズについても意識しましょう。

肌を露出しすぎない

Tシャツやノースリーブ、ミニスカートや短パンといった肌の露出度が高すぎるような服装は、ビジネスの場である会社では場違いととらえられます。また、大きすぎるイヤリングや目立ちすぎる大きな腕時計など、主張の強い小物も避けた方が無難です。

「ビジネスカジュアル」はマナーから外れにくい私服

お伝えしたとおり、面接における私服とは、最低限のポイントを守ったうえで、「応募先企業の雰囲気に合っているか」「ビジネスマナーに適っているか」を考えることが第一です。

私服のなかでもオフィス寄り、ビジネス寄りなのが「ビジネスカジュアル」「オフィスカジュアル」と分類される服装です。簡単な例として、以下のようなアイテムを参考にしてください。

  • シャツ…ドレスシャツ襟なしでも良いでしょう。無地で色は白、もしくは水色系統、薄いピンクがおすすめです。
  • ジャケット…無地か格子柄で色は黒、紺、ベージュなどがよく売られています。
  • >パンツ・スカート…スラックス、チノパンやフレアスカートも可。色は黒、グレー、ベージュ系がシャツと合わせやすいでしょう。
  • 靴…レザーシューズ、パンプスで色は黒、ダークカラー系が合わせやすいでしょう。

ビジネスカジュアルを意識したうえで、業界や仕事内容を考えてアレンジすることは可能です。例えば、アパレル業界ならブランドの雰囲気に合ったアイテム(ただし他社ブランドと一目で分かるものは控えておきましょう)、クリエイティブ業界ならワンポイントで柄や挿し色を入れて、さりげなく個性をアピールしても良いでしょう。

アレンジする場合は、応募先企業のWebサイトや求人情報の写真から、職場の雰囲気や社員の服装を確認してみることをおすすめします。

まとめ

私服面接のポイントは、以下のとおりです。

  • 面接における私服は、「社風と合っているか」「TPOやマナーに適っているか」をチェックされる。
  • 「清潔感」や「サイズ」など、服装における最低限のポイントは押さえる。
  • 「ビジネスカジュアル」を基本とするのがおすすめ。
  • アレンジしたい場合、応募先企業の企業サイトや求人情報で、職場や服装を確認する。

私服で面接に臨む場合は、企業から「一緒に働く相手としてふさわしいか」判断されることを忘れずに、ポイントを確認して選びましょう。
服装の準備ができたら、持ち物チェックも入念に行っておきましょう。

\ この記事をシェアしよう! /

マイベストジョブなら採用お祝い金がもらえる

TOPに戻る

カテゴリ